利用出来る補助金の種類について

介護保険制度を活用する場合

過疎化問題の解決の為

あまりにも地元の商店街やお店が閉まってしまいシャッター商店街が多い市町村も全国にはまだまだ存在しています。
日本の経済も徐々に上向きになってきてはいますが、まだ裕福な暮らしが出来ている人と出来ていない人との差が激しいです。
中には、過疎化で人自体が少なくなっていたり空き家が目立っている地域も多いです。

特に、空き家問題は社会的にも大きな問題になりつつあります。
そこで、自治体や市町村が空き家対策としてその家を安く提供したり、またはリフォームする際に補助金を出すようになりました。
この補助金の制度を利用して今では大家族や田舎暮らしをしたい人達が移り住むようになりました。
ですが、リフォームをする際には必ず地元のリフォーム業者を通さないと対象にならないようです。

街全体を活性化する為

閑古鳥が鳴いている街も多いです。
前の記事でも紹介したように過疎化が進んでいる街も意外と多いのです。
あまりにも街全体に活気がないとどんどん若い人は他の所に移住してしまい高齢者ばかりが多くなってしまいます。
それでは街はかえって静まり返ってしまうでしょう。

そんな街全体を活性化する為に、ある所では中古の家を購入したり賃貸してくれるのであればリフォームにかかるお金を補助してくれると言うのです。
家自体を街が買い取って安く提供する事も可能ですが、それでは同じような事をすでに始めている街も多くあまりインパクトがないようです。
街全体が、来る人が住みたくなるようなイベントを開催したり家自体をアピールしたりして、補助金の制度を利用する事で街を活性化する活動に力を入れています。