利用出来る補助金の種類について

設備の効率化を図る為にリフォームをする場合

中古の家のリフォームについて

中古の家を購入した人に限られる事ですが、ある市町村ではリフォームにかかる金額の一部または全額を補助する制度があります。
それには様々な審査を合格しないといけません。
または、購入した家のタイプによって補助金の対象になる場合があります。

中古の家と言っても、築年数が比較的新しい家もあります。
もしその家が前の記事でも紹介したように、省エネ対策や太陽光発電システムを設置していれば補助の対象になります。
または、収入によっても補助金の対象者となるケースもあるのです。

今は、税金対策で所得税の関係で減税にもなるのです。
市町村によっても補助の金額は違いがあるようなので、必ず確認をしてからリフォームするようにしましょう。

部屋の一部をリフォームする場合

中古の家で全体をリフォームするのではなく部屋の一部だけをリフォームする場合でも補助金の制度を利用してお得に出来る場合もあるのです。
それは、耐震対策や耐震判断をする場合に適用になるようです。
通常であれば、家の全体を耐震強化するべきでしょうが、それでは莫大な金額と日にちがかかってしまい、一時的に引っ越しをしないといけないケースもあります。

その為、リビングやダイニングやお風呂や寝室と言った一部の部屋をリフォームする際に、耐震基準に沿っていれば補助の対象になるのです。
今の最新の住宅ではほとんどが、耐震強化しており補助の対象とはなりません。
中古の家にのみ対応する補助金の制度もあるのです。
知っておく事でお得にリフォームする事が可能になります。