利用出来る補助金の種類について

リフォーム減税という補助金の制度について

高齢者住宅のリフォームについて

高齢者専用の住宅も近年になって増えてきています。
この背景にあるのは高齢化に対する補助です。
高齢者の多くは一人暮らしか夫婦のみで生活している事が多いです。

近くにサポートする人が一人もいないケースがほとんどです。
なので、市町村ではそんな高齢者に対して専用の住宅を作り、24時間福祉の人間がサポート出来るようにしました。
その際に、市では入居者の親族または本人に対して福祉の補助金の制度を利用してリフォームするように進めました。

入居希望者が多く待ってる状態が続いているそうです。
これからもこのような高齢者専用の住宅と言うのは必要不可欠な物になってくると思います。
特別老人ホームだけではどうしても高齢者を見切れないと思います。

障害者がいる場合のリフォームについて

重度の障害の為一人では生活が出来ない人もいます。
その際に、家族は最初に家を障害者が暮らしやすいように改修またはリフォームするそうです。
その時に、障害者認定が下りていれば市の補助金の制度を利用してリフォームの金額を一部負担して貰えると言う事はあまり知られていないようです。

つい最近になって法の改正が進みその中で制定された新しい法律の一つでもあるのです。
あくまでも補助の対象になるのは、トイレのバリアフリー化や車いすでも生活しやすいリフォーム工事に関して言えるそうです。
ですが、市や自治体によってその年度で、補助金の金額に変動が生じる場合もあるようなので、必ず市役所に確認して見る事をおススメしたいと思います。