奇跡の期間を写真に残そう|アルバムにしっかり残しておきたいお宮参りの写真

アルバムにしっかり残しておきたいお宮参りの写真

写真

奇跡の期間を写真に残そう

妊婦

妊娠はとても奇跡的なことで、人生の中で何度も経験することが出来ない貴重な出来事です。そのお腹の出た妊婦姿も、ある一定期間しか体験することが出来ません。そんな特別な期間に、自分の姿を写真に残しておく事は記録に残り、おすすめです。マタニティフォトを撮影する事は、海外では以前から一般的でしたが、ここ数年で日本でも人気が出てきました。芸能人やモデルだけでなく、一般の人も撮影しているようです。マタニティフォトを撮影する時期でおすすめなのが、お腹残して膨らみが分かってくる7ヶ月から9ヶ月くらいです。臨月ではいろいろバタバタすることもあるので、つわりも落ち着いてくる安定期のこの時期がベストです。パパや上の子と撮影するのも、良いでしょう。

マタニティフォトをどうせ撮るなら、お腹の膨らみがよく分かる衣装を着た方が、妊婦さんらしさがより出ておすすめです。上下セパレートタイプのもので、お腹がでるデザインのものが人気なようです。中にはお腹に文字を書いたり、絵を描いたりとペイントする人もいるようです。マタニティフォトのおすすめのポーズが、旦那さんが後ろから抱きしめたり、お腹にキスをしたり、お腹に耳をあてたりという事です。夫婦の中の良さも表すことが出来ますし、早くお腹の中の赤ちゃんに会いたいという気持ちも表現できます。また撮影の際の小物にもこだわって、エコー写真わファーストシューズ、ぬいぐるみなどと一緒に撮るのも素敵です。マタニティフォトは、それぞれの夫婦の個性が表れます。